2008年09月08日

ミドリフグがダイブ…★に

セナキルリスズメ、フレームエンゼルと問題なく混泳出来ていたのですが、昨日の朝ミドリフグがダイブして★になっていました。
1年以上飼育出来ていたのでとても残念です。

混泳は難しいとされる本種ですが、他の魚の鰭をかじることは一切なく、おとなしい性格でした。混泳しているところを写しておけば良かったです。

色揚げと海水魚との混泳を目指し、3ヶ月ほど前に海水飼育に切り替えました。

P1050557.JPG

1匹は背骨がゆがみ、やせ細り、1月ほど前に★になりました。
最後まで食欲は衰えませんでした。

赤虫をあげるとチュルっと音をたてて食べるんですよ。
人なつこくて、とても可愛い奴でした。

P1050584.JPG

ちゃんと蓋もしておいたんですがね〜…。
ほんのわずかな隙間からダイブしてしまったんですね。

合掌。
ラベル:ミドリフグ
posted by Mr.N at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼育日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

還元濾過BOX投入

9月5日、還元濾過BOXを投入しました。

P1060330.JPG

水槽右奥、ライブロックで隠すように配置。

飼育水での養生は、念の為5日間取りました。

亜硝酸の大量発生を防ぐ為に、硝酸塩濃度を予め下げておく必要が有りましたので30Lの換水を行いました。

隔離していたフレームエンゼルとセナキルリスズメを30cm水槽に移動。
メインタンクの換水を使用し、濾過はテトラのOT-30です。

一時先住者のミドリフグと仲良く混泳出来ていました。
ところがミドリフグがダイブ…。

キイロオトヒメエビも移動しました。

P1060326.JPG

画像には映っていませんが、水温を下げる為にファンも設置しました。

メインタンクデータ

水温 26℃
比重 1.021
PH 8.2
NH3 0.0
NH+4 0.0
NO2 0.0
NO3 10.0

気になっていた亜硝酸の発生は心配ないようです。
硝酸塩の値も今のところ優秀です。
特にツツウミヅタの開きが良くなっています。
この状態が維持出来れば良いのですが…。

30cmタンクデータ

水温 29℃
比重 1.020
PH 8.2
NH3 0.0
NH+4 0.0
NO2 0.1
NO3 30.0

水温が気になりましたのでファンを設置。
現在26℃。
硝酸塩は魚のみなら問題無いレベル。
亜硝酸値が上がっていたので15L、新しい人工海水で換水しました。

フレームエンゼルの左鰭付近の鱗が剥がれて白くなっていて、徐々に広がって見えたので淡水浴を実施しました。
リムフォを疑ったのですが取れませんでした。
ケントロ達の攻撃を受けたときの外傷が広がっていると思われます。
回復してくれるのでしょうか…。
ラベル:海水魚 濾過 水槽
posted by Mr.N at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼育日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

還元濾過BOX到着

P1060227.JPG

29日に海水館さんより届きました。

P1060234.JPG

いかに効率良く機能させるか…。
穴の開け方やスポンジの素材に工夫がされています。

P1060230.JPG

キスゴム付き。

P1060240.JPG

飼育水で3日以上養生する必要が有ります。
浮いてこないように重しをのせて沈めます。
水槽への投入予定日は9月2日です。

マイタンクではエーハイム2213を2台直結で使用しています。
ひとつは物理濾過中心、もうひとつは生物濾過中心とし、かなりの生体数ですがアンモニアと亜硝酸は検出されません。
好気的濾過は順調で、その分硝酸塩の蓄積スピードは早いです。

実際の海の中では酸素が豊富な場所とそうでない場所があり、それぞれの環境に適したバクテリアが住んでいて、分解を行っています。

還元濾過とは、飼育環境内に嫌気層とバクテリアの餌を置くことにより、硝酸塩を脱窒により分解してしまおう、というものです。

これにより硝酸塩に弱い珊瑚の飼育が可能になり、魚の病気予防にもなります。
定期的な換水により硝酸塩を捨てていたわけですが、その必要が無くなります。
失われたミネラルなどを補給してあげれば、換水間隔を大幅に延ばせるのです。

マイタンクの場合、相当に生体数が多いので、無換水を目指すと言うよりは、よりよい状態での飼育を目指すために導入しました。

好気的濾過に頼らない飼育法が話題になったりもしますが、この方法は好気的濾過を積極的に使うので魚を多く飼育したい人には向いていると思います。
posted by Mr.N at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼育日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

生体追加

P1060242.JPG

2代目フレームエンゼルと、最近滅多に見かけなくなったセナキルリスズメです。
相当な過密状態なのですが…誘惑に負けてしまいました。

水合わせ後放ちましたら…予想通り先住者達の猛烈な攻撃に。
急いで隔離したのですが、鰭が相当やられてます。

先日同時に入れたレモンピールと初代フレームは全く争わなかったのですが、本来テリトリー意識がかなり強い魚なんですよねレモンピール。

鰭が再生して落ち着くまで隔離して、次にフレームとセナキがテリトリーを築けるまでレモンピールとヘラルドヤッコを隔離する計画です。

強い魚が最後にになるように、テリトリーの再構築を狙うのです。
うまくいくと良いのですけど。

まずは今日受けたダメージとストレスが心配です。
餌はちゃんと食べてましたが。

アクアステージ21埼玉店さんで購入。
posted by Mr.N at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼育日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

ヒトデ&カイカムリ

P1060127.JPG

ライブロックに潜んでた真っ白いヒトデ。
たま〜に姿を見せてくれると嬉しいもんです。

意外に足は遅くなくて、あとで写真撮ればいいやなんて思ってるといつの間にか居なくなってます。

動きが止まって見えるので、人間の脳が勝手に判断するのでしょうが、騙されてるんでしょうね〜。

少しずつ成長している模様。


P1050546.JPG

こちらはカイカムリです。

ってか、よくわかりませんよね?
カニなんですが、スターポリプをしょっているのです。

ある日水替えをしていたら、小さいスターポリプの塊が動いている…?
手に取ってひっくり返してみたら、カニがしょっていたのです。

自分のサイズにちぎって、くりぬいて、左右の一番後ろの足で掴んでます。

実は先日死骸が見つかりあ〜あって思ってたんですが…。
昨日再会しました。
脱皮した抜け殻だったようです。
ラベル:珊瑚 海水魚 水槽
posted by Mr.N at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼育日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

ロイヤルグラマ&アワサンゴ

P1060164.JPG

やっと出てくるようになりました。

小心者ですね〜。
頭だけ出してキョロキョロしたり。
2色に分かれた体色はその為?

他の魚がたまに近寄って身体を震わせ威嚇しますが、グラマは応戦せず。
テリトリー意識は非常に高いようですが、自分から攻撃を仕掛けにいくって事は無さそうです。

それにしてもパープルとイエローのグラデーションが素晴らしく奇麗な魚ですね〜。
顔もなかなか精悍です。
どこかのサイトに「完璧なフォルム」みたいな事が書いてあったけど、本当にそう思います。

一度だけ超でっかく口を開ける姿を見れましたが…かなりでかいです。
大口を開けて威嚇するそうなので、今後が楽しみです(笑)


P1060143.JPG

今日は見事に開いてくれて、一安心です。

以前からアワサンゴが欲しかったのですが、なかなか大降りな個体が入荷しなかったので見送ってました。

蛍光グリーンが無茶苦茶奇麗で大満足です。

やっぱりアワは良いですね〜。
ピンクとかホワイトチップとか、入れてみたいですね。
posted by Mr.N at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼育日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

ウミアザミが★に

P1050734.JPG

2008/6/14導入後、徐々に衰退してついに無くなりました。

条件によっては増えすぎて困るケースもあるようですが、マイタンクの環境ではやはり無理が有ったようです。

まずは硝酸塩が多すぎた事。
そして照明が弱かったのでしょう。

ブルームウミアザミは比較的飼いやすそうなので、機会が有れば導入してみたいです。

硝酸塩が原因でヤバそうなのがツツウミヅタ。
還元濾過BOXの活躍に期待しております。

トゲナシヤギも徐々にポリプが小さくなり衰退ぎみ。
給餌が難しいんですよね…。

コモチハナガササンゴはやはり難しく、時間の問題。

他は至って元気。
LTはデカくなりすぎで怖いくらい。

イソギンって調子が良いと手にくっつく力が強くなるんですね。
ラベル:ウミアザミ 珊瑚
posted by Mr.N at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼育日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

生体追加

フレームエンゼルを再度購入したくて、いつもの店に行ってきました。アクアステージ21埼玉店さんです。

毎週土日に激安パックが用意されるのですが、かなり安くて掘り出し物もあります。
珊瑚も20%オフになったりします。

生体の状態も良いし、最近は殆どここで購入してます。

肝心のフレームは売り切れで、到着予定のマーシャル便も明日になるとの事。
毎週入荷する予定だとか。

で、以前から欲しかったロイヤルグラマと、アワサンゴのグリーンをお安くお持ち帰りしました。

ロイヤルグラマはかなり警戒心が強く、隠れて出てきません。
たまにちょこっと頭を出す程度。

アワサンゴは導入後一旦は開いたのですが、また閉じてしまいました。
ハナガサ程では無さそうですが、結構飼育難易度は高そうです。

共に良い画像が撮れましたらアップします。

あと、還元濾過BOXを海水館さんで発注しました。
これで硝酸塩を減らさないと一部の珊瑚はヤバそうですし。

ちなみに殺菌灯復活後、水はキラキラで魚も全て絶好調なようです。
あらためて効果を体感しました。
posted by Mr.N at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼育日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

殺菌灯

最近やけに茶苔が出だしたな〜と思ったら、殺菌灯が消灯してました。
フレームやレモンピールが不調だったのもこのせいかも?(汗)

テトラのUV-13Wを使ってるんですが、保護回路が入ってまして、アダプターを抜いて5分程経ってからでないと点灯しません。

で、何度かトライしたのですが点灯せず…時間をあけてみても駄目…。
球切れですか?って、まだ半年っすよ?(怒)

一晩置いても駄目だったら交換か、痛いな〜っと朝トライしたら無事でした!
あ〜良かった!

一昨日の激しい雷で何かしらダメージを受けたのでしょうか?
ま、いいか。

殺菌灯は、やはり効果は大きいと思ってます。
導入して暫くは白点病も見られましたが、落ち着いてからは発病したように見えても蔓延しません。
水の透明度も上がり、苔も生えにくくなります。

UV-13Wはカセット式なので交換も楽です。
カートリッジごと交換するので、内部の汚れを気にしたり掃除する必要もありません。

しかし、このカートリッジがちょっと高い…。
ですので球切れのUV-13Wが結構オークションで出回ってます。

球だけを交換するタイプのものは、球切れ時は安くすみます。
が、内部にゴミが溜まっていると、効果は半減してしまいます。
殺菌効果が有る紫外線が届く距離は、かなり短いのですね。

トータルで考えれば、おすすめ出来る一品だと思います。
追記
posted by Mr.N at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼育日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

レモンピールエンゼル


レモンピール
エンゼル
Centropyge flavissimus
中部太平洋 西部太平洋

2008.7.19〜

フレームエンゼルと同時に導入しました。
いきなり人工餌OKで、こちらも餌付けは楽勝でした。

性格はややキツめですが、繊細すぎることもなく飼育は容易そうです。

レモンのような体色に、鰓と目の周囲に入った鮮やかな水色が美しいです。
ちょっと「のび太」みたいで愛嬌がありませんか?

黄色い魚って気が強い気がします。
ネッタイスズメ、キイロハギ、ヘラルドヤッコとか。
ラベル:レモンピール
posted by Mr.N at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | タンクメイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。